HOME > 印鑑の目的

証明の仕方も国によっていいところ、悪いところがある

印鑑の目的ですが、自分自身の証明です、日本人は古来からのはんこ主義です。銀行、会社、保健所、税金、保険関係いろいろ沢山有ります、また丸いものや、四角いもの、楕円形、今日全て自動で印をほってくれるシステムが有り、簡単またコンピューターでのご自分ならではの印も制作可能です。

コピーされやすいのが印鑑のデメリットですが、公共の書類でもコピーでのはんこが作れて可能とのことになりますが、日本以外では、殆どの国はサインになりますが、サインは88%真似してもすぐバレてしまいますが、なのでこのように国との違いがありそれぞれにいいところ、悪いところがあり、利便性にもかなり問題もあります。

最近銀行でも、自分の通帳にはんこは押しませんが昔は押していていろんな犯罪もあったのではないでしょうか。

はんこの目的は、割り印にしても確実性が高いからでしょう、印鑑でも木から高級な象牙、水晶等様々ですが、いろんな占いの方もかなり横行していてこれを作ると運気がとかといろんなかたちで使われやすいのがまたハンコでも有ると思います、象牙もワシントン条約で規制がかかっていますが、未だにどこからかわかりませんが、象牙は多いです。象牙は高級ですので、親から譲ってもらって削り直してれメイクしても良いですね。